読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美味しいものを美味しいと言い合える幸せ。

こんばんは

あっという間に春休みは過ぎていき、新年度を迎えてしまいました。

更新頻度を保っております、たまこです。

 

春休み最後の想い出は、彼氏と過ごさせてもらいました。

3月31日の夜から落ち合い、彼の地元に行き、ホテルに泊まりました。

 

そもそもこの日の予定も、ぎりぎりまであやふやで

彼が逢う度に「ピザを食べたい」って言ってたから、ピザパーティしようと声をかけたのがきっかけ。

逢えば必ずといっていいほど、ホテルに泊まってたから

今回もホテルに泊まることを御願いして、彼もそれを飲んでくれたおかげで

その日をスムーズに、楽しく、幸せに送れました。ありがたい。

 

早く逢いたい日に限って、彼のお仕事が長引いて

少し早めに出たけど、かなりの時間待ってしまった。

しびれを切らしたわたしは、彼の最寄りに向かいベンチで待っていました。

もしかして、帰っちゃったとかないよね....なんて不安が心をよぎったりして

泣きそうになりながら、LINEに既読が付くのを見ていたら

やっとついて「終わったよ」の一言。

不安な気持ちも、涙が出そうだった目元も、すっきりして

いつ現れてくれるのかとワクワクしていると、後ろからトンっと背中をたたく彼。

長いこと待ってた寂しい空間は、彼の姿を見た瞬間に吹き飛んだ。

 

そこから電車に乗りながら、彼の地元を目指しながら

どこのピザ屋にするか、サイズはどれにするか、時にふざけた会話を交えながら

地元に着き、まずはホテルへ直行。

大体どこに行くのかは候補があるから、空いてるかどうかを電話で確認して入室。

 

部屋に入るや否や、偶然そのホテルにはピザ屋の出前が頼めることに気づき

最初はピザハットを頼もうとしてたのを、ドミノピザに変更したわけです。

 

ピザが来るまでは、着替えたり、借りるゲームをどれにするか話したりして

まったりと過ごし

11時が過ぎたあたりにピンポーンとインターホンが鳴って、ピザを受け取る。

 

ピザを食べて、私「うん、美味しい(^-^)」彼「うまい」

なんて会話をして、あぁ、小さな幸せってこういうことだって勝手に実感してた。

そして彼から「またしようね、ピザパーティ」って言ってくれて

嬉しくて「うん!」っとニコニコで言ってしまった。

 

食べたあとも、私の悩みだったり、彼の家族の話だったり

いろいろな話をして、今までにないくらいいい話ができたと思えた素敵な時間だった。

 

落ち着いたところで、次はゲームを借りる。

色々と迷った末にWiiをすることにした。

ゲームをしながら、いちゃいちゃしながら。これもまた幸せ。

謎におっぱい揉まれながらWiiの操作してたわたし(´ε`;)♡

いや、そういうの好きですけどね♡

 

なんだかんだで、2時くらいまで遊んで、そっからはらびゅタイム♡

かわいいって言ってくれた。嬉しい。

逢うたびにやってるけど、毎回毎回の違いを感じながらやれるのって幸せ。

そんな彼にはたくさん、言い表せないほど感謝してる。ありがとう。

 

でも興奮と緊張からだったのか、ちゅーしてたら珍しく心臓ばくばくして、初めて

過呼吸になっちゃって、彼に心配をかけてしまった。あれはなんだったんだろうと、今でも謎。

そんな状態でも、彼はとっても優しくしてくれた。あ、えっちな意味じゃなくてね笑

大丈夫?水飲もうか。落ち着いた?って。

苦しくて泣きそうになって辛かった私を立ってぎゅーしてくれて、温もりを感じた。

 

わたしの過呼吸も無事落ち着いて、事も済ませて

喉が渇いたので深夜のお買い物へ!時間は既に朝の4時(^ω^)

お泊まりの時はお互い自由だからこそのこういう変な時間に買い物に行ったりする。

親にも怒られない、誰にも何も言われない。そんなお互いに快適な空間はお泊まりの時だけなのだ。

 

ホテルに戻り、軽く休憩をしてそこからやっと睡眠へ。

いつもなら、ホテル出てお昼を食べて解散するけど、今回は午後から彼が用事があるからって言ってお昼は断念。

でも濃い半日だったし、満足だった。

今回も彼に感謝。

 

そして何よりも、美味しいものを美味しいと言い合える相手が居るという幸せ。

美味しいものを当たり前のように美味しいと言える、わたしたちが幸せそのもの。

これからも、お互いそんな素敵な人間でありたいと願ったまったりおでーとでした!

 

次は4月後半かなぁ。またピザパーティ!?(^ω^)

おやすみなさい。