読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

彼なりの優しさ。私なりの優しさ。

不定期だけど、記事の更新頻度をあげてます、たまこです、こんばんは。

 

まぁ、こんなありきたりな題名はそそられませんね。

自分でもそう思いながら、記事書いてます(^-^)

 

実は今回はまさかのまさか、彼ともう1回逢えることになり

気分は既にウキウキです♡

明日ですよ!明日!

 

夜から彼の地元で落ち合うのですが、何を食べようかという話をしていて

彼はかなり前からピザが食べたい、ピザの出前を家だと取らないからピザが食べたい

とずーっと嘆いていたので、それを思い出した私はホテルに泊まり、ピザの出前を頼んでピザパーティーをしようという提案をしたのですが

未だに決まらず。

お店を調べたものの、高いだのなんだのって.....

じゃあ、そっちが決めてよーーーーと心の中でつぶやきながら

冷静を装い、LINEで優しくどーしよっかー(^-^)?などと返事を促していますなう。

 

とにかくね、基本1ヶ月に1回しか逢えてないのに

今回何が起こってるのか、また逢えるから

これは彼なりの優しさなのかなぁ...と勝手に思ってみたり

ありがたいなぁ、と感謝したりしてます。

でも、本当に嬉しいな。

 

逢えばやることはやるし、お互いそれがいつもの感じっていうのかな。

お互いにそれを求め合ってるから、別にセフレとかそういうことじゃないし

ちゃんとした恋人だし。

それはそれでいいのかもしれないってね。

 

“100組の恋人がいれば、100通りの恋愛がある”

 

ってのようにさ、私たちの関係がどうであれ

仮に私たち以外の恋人の関係が、万人に受け入れられないものだとしても

それが彼、彼女らの付き合い方なのだと、思ってる。

重要なのは、当本人たちがその関係性を受け入れられるのか、耐えられるのか

周りから何を言われようと、それを貫き通す精神があるのかどうかだと思う。

自分たちが認めず、誰が認めるのか。そういうことなんじゃないのかと。

 

時に、自分たちが認めても、そんなの自己肯定であって

周りからの目は変わらないし、自己満足で終わってしまわないのか?と私自身も考えることがあるけども、それを考えてしまうのであれば

恋人との関係性の良し悪しの意見を聞き入れる優先順位は、第2者になるということだと思う。

 

...............あ。もう何言ってるのかよくわからなくなってきたw

ていうか、この記事かなり黒歴史になりそうだからもうこれ以上書かないほうが未来のわたしの心の傷を広げなくていいな。(・∀・)

 

はい、私が言いたいことの結論は

自分たちの恋愛に胸を張ろう!世間体も大事だけど、好きなら仕方ない!好きは素敵だ!セフレだっていておかしくない男性が多い!そんなの女の勘でわかる!

男も女も浮気してんだよ。多分。

浮気はうーん....いいとも思うし、悪いと思う....。
けど、とりあえず、他の人に目移りはしていいと思うけど、なんだかんだこの人じゃなきゃだめだって、この人がいいって思えるものであれば、浮気はいいと思う。

一途って本当に素敵。素敵だと思う。けど、それは難しいと思うんだ。

だって男だけで、この世界には何人いると思ってるのー?

 

(てててーれ、てててーれ、てててててっ♪)

 

35億。

 

(でれれんででんでん、でれれんででんでん)

 

あと5000人。

 

..........なわけですよ!

そりゃ他の人にも目が行くでしょ。

だからね、ほんと、この人じゃなきゃわたしはだめだぁぁぁぁあぁぁ!っていう人と

結ばれてください。女性は幸せになるべき。あ、男もね。

 

もうなんか、くっだらないからやめる(;・∀・)

おつかれ!